希望にピッタリの注文住宅を造り上げていくために大切なこと

Sitemap

Dream Come True in the Custom Home

News

  • 注文住宅でのトラブル回避

    広い部屋

    注文住宅を建てるために一番気ををつけなければならないのが、極力業者とのトラブルを避けることだと思います。トラブルはお互いにとって一つもプラスになりません。…

    2016/08/17

    More...

  • 自分の思い通りのオリジナルの注文住宅

    ダイニングテーブル

    注文住宅の魅力は何と言っても自分の思い通りのオリジナルの家を建てることができることです。私も2年前に注文住宅を建てました。住宅展示場をまわり、依頼するホー…

    2016/08/17

    More...

  • 注文住宅のここがいい!

    リビング

    増税を前に新築住宅の建築ブームがやってきています。あちらこちらで毎日のようにどこかで家が建っている姿を見かけるようになりました。そんな私も昨年念願のマイホ…

    2016/08/17

    More...

  • 3年前に注文住宅で家を建てました

    一軒家

    土地はあったので建物部分だけを検討していました。注文住宅なのでやはり名が知れたメーカーさんを希望し、ハウジングプラザなど数件モデルハウスが建っている会場へ…

    2016/08/17

    More...

注文住宅は希望条件を明確にすることが大事

注文住宅は希望どおりの家を建てられると評判です。そこで、まずは希望条件を明確にしておく必要があります。曖昧なままだと、きちんとした注文住宅を造り上げることができないからです。ただし、あまり希望条件が多すぎるのも困ります。全てを叶えようとすると、建築法に引っかかってしまうこともあるかもしれないからです。そして、費用も相当かかってしまいます。ある程度は妥協も大事です。
そこで、どうしても譲れない条件を3つくらい挙げておきます。それだけは叶えられるようにすることがポイントです。また、費用面が気になる人は、材料などの見直しを図ってみることも大事です。材料によって、当然、費用は随分と変わってくるからです。妥協できるところは、どんどん妥協していきます。
それから、施工業者選びも重要です。業者によって、全く違った家ができあがります。これまでの実績を参考にしてみるといいかもしれません。例えば、施工例が施工業者のホームページに載っています。そちらを参考にしてみることが大事です。気に入った施工例があれば、参考にして、良いところはどんどん取り入れてみるといいかもしれません。このようにしていけば、自ずと希望にピッタリの注文住宅を造り上げることができます。

建築会社との信頼関係

住宅を持つのは人生の中で一番高価な買い物と言っていいでしょう。その買い物を失敗しない物にするにはどうしたらいいのか。一戸建てを買う場合、建売住宅と注文住宅の選択があります。建売は販売価格が決まっているので安心ですが、注文住宅は材料などにより最終価格が解りづらく不安です。その不安を解消するためにはお願いする建築会社の選定にかかってくる思います。あくまでも私の意見ですが価格は高くてもブランドを採るならハウスメーカー、木造で価格を抑えるなら地元の工務店になるでしょう。
注文住宅の魅力は当然自分の好みに合った住宅を建てるわけですから夢が広がります。ただ問題なのが選ぶ材料と価格の兼ね合いです。価格はいくらでもかまわない施主さんは別ですが一般の施主さんはそうはいきません。価格を考えながら材料を決めるのはかなりの労力を要すると思います。
そこで失敗しないために重要になるのが建築会社との信頼関係です。注文住宅の場合、頭の中に描いている家をすべて自分で決めようとすると必ず途中で息切れしてしまいます。信頼関係があれば、住宅のイメージ、譲れない個所、価格などの詳細を事前に担当者と打ち合わせすることで、専門家に任せるところは任せることで確実に理想の注文住宅が完成すると思います。

注文住宅の魅力と注意すべき点

注文住宅の魅力はなんといっても、自分の思い描くマイホームに限りなく近づけることでしょう。建売住宅ではあらかじめ間取りから建具からすべて決まっていますが、注文住宅はお金さえあればすべて自分の理想に近づけることができます。自由度が高いので、自分の趣味や家族構成など価値観に合わせて作り上げていくことができます。
理想のマイホームは千差万別ですよね。例えば車にこだわる人ならインナーガレージがついている家を建てたいと思うでしょうし、ピアノが大好きな人ならば、グランドピアノを家の中心にしてリビングを作りたいと思うかもしれません。作りたい家を形にできるのが最大の魅力と言っても過言ではありません。
ただし、それには危険なポイントもあることは確かです。それはなんといってもお金でしょう。マイホームと言えば、一生のうちに一番大きな買い物の人が多いはずです。ローンを組んで払う人が大半ですので、金銭感覚が鈍ってくるのです。一生に一度だからと、妥協せずに自分の理想ばかり追い求めていると、とてつもなく金額が跳ね上がってしまいます。そして、何千万もの買い物をしているのですから、100万くらい値段が変わっても、あまり驚かなくなってしまうことがあります。金銭価格が麻痺してしまいがちな点は十分気を付けなければいけないでしょう。
注文住宅は自分のこだわりポイントをしっかり見定めして、ある程度妥協できる部分との折り合いを考えるのが良いと思います。

快適なリビング作りも注文住宅で簡単に

注文住宅で一番大事にするのは家族のコミュニケーションが図れる家ではないかなと思います。家族が会話が増え、笑顔が増え、楽しく仲良くいつまでもできる注文住宅での家づくりは大切ですよね。それにはどんな工夫が必要なのでしょうか。
まず一つ目に、ゆったりくつろげるリビング作りにおすすめなのがデッキと一体感のあるリビングです。デッキを作るともう一つのリビングができて、親子で会話を楽しんだりお茶や外でのご飯も気軽に楽しむことができ、家にいるのにまるで外出した気分になります。夏には子供のプールを出して遊べますし、少々子供達が走ったり、自然と触れ合える楽しみがあって最高の場所になりそうですね。デッキにすることで明るい吹き抜けリビングになってとても、気持ちの良いスペースになること間違いなしです。
次に、家族と言えども自分の空間も時には必要なので、家族が個々に過ごしても一体感のある部屋があるといいですね。お父さんは、ソファでテレビ、お母さんはダイニングテーブルで読書、子供は床でゲームといった、それぞれがバラバラで楽しんでいても自然なつながりを持つリビング作りが理想ではないでしょうか。さりげない距離感が必要なのでリビングとダイニングを少しずらして配置したりスキップフロアにすることでちょっとした空間ができ自分の時間が持ちやすくおすすめです。是非、注文住宅で理想の家づくりを楽しんでみてください。

注文住宅ならマイホームの夢を叶えられる

注文住宅という言葉を聞いたことがあっても、詳しく知らないという方も多いのではないでしょうか。注文住宅はその名の通り、間取りやデザインなどを一からオーダーで作ることが出来る住まいのことを言います。またデザインだけではなく、設備なども設定することができたり、無駄なものを省いたマイホーム作りが出来るので、予算に合わせて無駄なものを取り入れない効率のよい住まい作りが可能となっています。分譲住宅を見ていて、こんなに部屋数も要らないし、トイレもひとつあれば十分なのにな、などと残念に思ったこともあるかと思います。しかし、注文住宅なら一からオーダーで建てることが出来るので無駄のない住まいが期待できます。マイホームを購入する際、出来るだけコストを抑えたいと思われるかも知れませんが、分譲住宅ではなかなか実現することは難しいのが現状です。しかし、注文住宅なら予算に合わせてオーダーが出来るので、低予算でもマイホームの夢が叶えられるのです。 注文住宅は建築の知識がなくても、オーダーすることが出来ます。どのような住まいにしたいのかという希望とするマイホーム像さえあれば、誰でも注文住宅でマイホームを建てることが出来ます。

Information

2016/08/17
3年前に注文住宅で家を建てましたを更新しました。
2016/08/17
注文住宅のここがいい!を更新しました。
2016/08/17
自分の思い通りのオリジナルの注文住宅を更新しました。
2016/08/17
注文住宅でのトラブル回避を更新しました。
TOP